合宿免許卒業後の本試験

Web Template

合宿免許の場合、自宅からドライビングスクールに直接通学するのとは異なり、そのつど予約をしなくても、受講生にとってもっとも効率的な時間割があらかじめ組まれていますので、オートマチック車の運転免許のコースであれば半月程度という、ごく短い期間で卒業をすることが可能となっています。

これは、卒業までに何か月もかかるのが一般的な、自宅からの通学の場合にくらべると、かなりの大きなメリットということがいえます。
もっとも、こうして合宿免許でドライビングスクールを卒業することができたとしても、正式に免許を取得にはそれで終わりということではなく、さらなる関門が待っていますので、気を抜かないことがたいせつです。
その関門というのは、各都道府県に置かれている運転免許センターでの本試験とよばれるもので、卒業から1年以内に得けることが必要となってきます。



この本試験は、道路交通法などの交通法規や、自動車の構造、運転マナーなどの正しい知識を択一式で選択する問題が出題されることになっています。



当然ながら合宿免許でつちかったさまざまな知識や経験が活かされることになりますので、合宿免許で卒業したならば、早めに受けたほうがよいといえるでしょう。

逆にいえば、いくら合宿免許でドライビングスクールを卒業したからといっても、この本試験で合格することができなければ、正式な免許証はいつまでたっても受け取れないということになりますので、たいへん重要なものといえます。

神奈川県の自動車免許情報の専門知識を身につけましょう。